寒がりさん必読!冬でも暖かいマンションに住むためのポイント


外断熱タイプの断熱材を採用したマンションを選択!

寒がりのため冬の暖房費が高くなると悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そんな寒がりな人は、次の引越し先を選ぶときに、できるだけ電気代を抑えられるような暖かいマンションを見つけたいと考えることもありますよね。一軒家の木造住宅は通気性が良いので冬は寒いです。一方の鉄筋のコンクリートのマンションは、冬は暖かいと言われていますが、建物の造りによって寒い、暖かいの差はあります。暖かいマンションを選ぶときは、断熱材がどのようなタイプかを確認しましょう。外断熱のタイプは、北海道の寒冷地でよく使用されていて、建物の外側が断熱材で覆われている造りになります。冷気が入ってくる外壁からの寒さを抑えてくれます。

内断熱のタイプは建物の壁の内側に断熱材を入れているタイプです。外気温の熱は室内に入りにくくなりますが、外壁は冷えたままになってしまうため、外断熱タイプよりは暖かさは軽減します。ですから、緩和効果のある外断熱のタイプの断熱材を使用したマンションを選んだほうが寒さは和らぐでしょう。

マンションの窓ガラスにも注目!

冬になると窓からの冷気で足元が寒いと感じることも多いでしょう。次の賃貸部屋で寒さを抑えた暖かい住まいを求めているなら、窓ガラスのチェックも外せないポイントの一つです。寒冷地の北海道では2重ガラスの物件が多いです。外断熱のタイプはガラスとガラスとの間に空気が入ることで、室内の暖房の暖かさが外に逃げるのを防げます。そして、温熱効果もあるので電気代も節約できます。さらに窓ガラスの種類が複層ガラスであったり、ペアガラスであればさらに断熱性が良くなるため、窓ガラスの種類も確認しておくとよいでしょう。

小樽の賃貸マンションやアパートは、オフィスや学校の数が多い中心部から、観光エリアの海沿いまで各地に点在しています。