どうすれば住みやすい家になる!?全体的なバランスを考える重要性


住みやすい家づくりのために

特定の場所にこだわるあまり、住みにくい家になっては困ります。注文住宅づくりでは全体的なバランスと優先順位が重要です。ベランダを広く設計したことで、部屋のスペースに余裕がなくなれば普段の生活に支障が出てきます。こだわりを追求すれば、他の部分にしわ寄せがいく可能性が高いわけです。

こだわりポイントには優先順位をつけて、妥協できる部分は思い切って妥協することが大切です。こだわりをすべて実現すれば予算が膨大に膨れ上がり、建売住宅よりも1,000万円以上も高額になるケースが多々あります。間取りで失敗しないためには、一般的な住宅の間取りをベースとし、そこから大きく外れないようにするのがコツです。

住宅模型を制作するメリット

注文住宅づくりの土地選びでは、スペースに余裕を持たせておくことが大切です。十分なスペースを用意したつもりでも、いざ家を建てると最初に想定していたより狭く感じられるのが普通です。例えば、塀を設置したら圧迫感が出てしまうケースは多々あります。またスペースの中央に家を建てると、建物の周りは人が余裕をもって通られる広さが生まれます。一方でまとまった広さのスペースを確保しにくく、クルマやバイクを駐車するうえで不便が生じる可能性があるのです。

住みにくさを回避するには、住宅模型を制作してもらう方法が役立ちます。実際に目で確認することで、完成後の暮らしをイメージできるでしょう。住宅模型はコスト増しになるという理由で作らない人が多いですが、完成後に不満が生じてリフォームをすることを考えれば、事前に住宅模型を作っておいたほうが節約につながるケースが多いです。

住宅の低炭素化促進に補助金を出している名古屋の注文住宅は、太陽光発電設備や蓄電システムを設置した一戸建てが人気です。