マイホームには住宅ローンを利用すべき?使うメリットとデメリットは?


住宅ローンを使うメリット

注文住宅を建てるときに住宅ローンを使うと資金が貯まっていないうちかに家を建てて住み始められるのがメリットです。注文住宅には数千万円の資金が必要になるのが一般的で、高い場合には1億円以上もかかります。土地の購入をせずに済む場合でも1000万円を下回ることはほとんどありません。全額を一括で支払えるようになるまでお金のやりくりをしていると何十年もかかってしまうこともあります。しかし、住宅ローンを使えば頭金だけ用意することができ、安定した収入を確保できることを示せれば早い段階で注文住宅を建てられます。自分の家で生活しながら少しずつ購入費用を支払っていくというイメージで住宅を手に入れられるのが住宅ローンを使うメリットです。

住宅ローンを使うデメリット

住宅ローンを使って注文住宅を建てるデメリットは費用の総額が大きくなることです。住宅ローンを利用すると長期間にわたって利子を支払わなければなりません。住宅ローンは金利が低めに設定されていますが、長い場合には35年くらい返済を続けることになるため、総額としてはかなり高くなるのが一般的です。短いローンを組めば負担は少なくなりますが、毎月の返済金額が大きくなるのが問題でしょう。また、住宅ローンではあらゆる費用を工面できるわけではありません。住宅ローンの種類によっては外構費用をカバーできない、諸費用は自費で別に用意する必要があるといったケースもあります。フルローンを組めることもあまりないので注意が必要です。

注文住宅では、間取りや設備などを自由に決めることができます。しかし、自由に決められる分検討する時間がかかる上、コストも割高になるため注意が必要です。