賃貸のブロードバンド物件を探すときは通信環境を必ずチェックしよう!


ブロードバンド物件の通信環境は物件ごとに異なる

ブロードバンド物件とはその名の通り、ブロードバンド回線を利用するための条件が整っている物件のことです。今日の賃貸物件の中にはこの種の物件が多くなってきていますが、単にブロードバンド物件であるというだけで入居を決めてしまうのは禁物です。ひとことでブロードバンド物件といっても、通信環境は物件ごとに異なっており、きちんと詳細を確認した上で契約を結ばないと、インターネットを快適に利用できなかったり、場合によっては入居後しばらくインターネットに接続できない状況になることがあります。

賃貸物件のインターネット環境に関する情報の意味

賃貸物件の情報の中にあるインターネット環境に関する記載には、大きく分けて「完備」と「対応」の2種類があります。これらは言葉だけをみるとどちらも同じような意味にとらえられがちですが、賃貸物件の情報の中では全く意味が異なります。まず、「完備」とは建物内の通信回線に関する工事も、インターネットサービスプロバイダー(ISP)との契約もすべて完了した状態を指します。このような賃貸物件では、入居後すぐにインターネット接続が可能です。これに対して「対応」は、完了しているのは建物の共用部分の通信回線敷設までで、部屋まで回線を引き込む工事やISPとの契約は入居者自身で行う必要があります。

また、物件によっては回線の種類も情報に記載されています。もし、「光ファイバー対応」と書かれていれば、光ファイバーの通信回線が敷設されていることを意味し、部屋までの引き込みとISPの光回線用プランの契約が済めばインターネットに接続できるようになります。一方、単に「インターネット対応」と記載されているだけの場合は、物件の管理者への確認が必要です。

琴似の賃貸には、インターネット回線を無償で提供している物件も多くて、新たな設備投資も必要ありません。