賃貸物件は築浅ほど良いとは限らない!失敗しない選び方を紹介!


賃貸物件を選ぶ際に必要な着眼点

賃貸物件を選ぶ際には、まず築年数が15年以上かそれ未満かという点に注目しましょう。築浅の方が良いと決めている人もいますが、それだけでは良い物件を選べるとは限りません。建築方式によって差があるものの、一般的には築15年前後に外壁塗装や防水工事といった大規模改修を施すことになっています。築15年を超えた物件でも、大規模改修をきちんと行っていれば、快適に居住できます。築15年未満の大規模改修直前の物件より、住みやすいと言えるかもしれません。

大規模改修とともに、設備の交換も行われているか否かチェックしましょう。エアコンや給湯器などの備え付けの設備は、約10年が寿命とされています。築10年超えの物件でも、設備交換をしっかり終えていれば、少なくとも設備に関しては新築と同じ状態と言えるのです。

良い物件を見逃さないための方法

ネット上で賃貸物件を探す時に、収納や間取り及び設備のボックスをチェックして絞り込んでいく方法が一般的と言えるでしょう。たとえば、オートロックやバストイレ別といった項目をチェックしていくのです。その際に、希望する条件を1つでもクリアしていない物件は、閲覧できません。よくある事例としては、自動洗浄便座や宅配ボックスの項目にチェックを入れた場合、他の設備が充実していても、これらの設備を備えていない物件は、除去されてしまいます。

ところが、こうした設備は、後から設置されたためにチェック項目から外れていたり、部屋によって設置の有無が異なったりして、既存設備として登録されていないことが少なくありません。したがって、条件は緩めに設定しておき、候補を複数残して内見の機会を増やした方が良い物件に巡り会えるでしょう。

札幌東区の賃貸事務所は同じ間取りや用途でも築年数で家賃に大きな開きが生じています。再開発によって新築物件が増え、古い物件の需要が低下しているためです。