ローコストでも快適な暮らしを楽しめる!家造りの基本を考える


小さな家でも解放感を演出できる

暮らしやすいと感じられる住宅を建築したくても、小さな土地しか用意できなかったので狭苦しい家にならないか心配な方々におすすめなのが3階建ての狭小住宅です。横幅が狭くても縦に長い住宅設計なら、家族構成に合わせて部屋数も増やせるので狭苦しい家だと感じません。階段の上部に天窓を取り付けて、屋上から玄関まで光が届くように設計すると解放感のある狭小住宅を作れます。

屋上のスペースを活かした設計

小さな土地にローコスト住宅を建築する際に、広い庭を作れなくて窮屈な思いをしないか心配になったら、屋上のスペースを庭として活用してください。屋上に人工芝を敷くだけでも庭のような広々とした空間を作れて、ガスや水道を通すことで屋上でバーベキューも楽しめます。人工芝は弾力もあるために屋上で寝転んでいても背中が痛いと感じることもなくて、日光浴まで楽しめるのが屋上のスペースを庭として活用する利点です。

人件費を減らせるプレハブ住宅

住宅の建築にかかる費用を減らすためにプレハブのローコスト住宅を選ぶ人も増えており、大量生産されている統一規格品を使っているために価格が安いのがプレハブ住宅の特徴です。組み立てにかかる時間が短いプレハブ住宅なら人件費も節約できて、短期間でローコスト住宅が完成します。プレハブ住宅は規格化された資材を使うために設計の自由度が低いと考える人もいますが、カラーデザインや窓の位置などは自由に決められることが多く、プレハブ住宅でもオリジナリティのあるデザインを作ることは可能です。

2000万の家は耐震性や断熱の基準は満たしており、安全なつくりではありますがそれ以上のお金をかけられないため外観はシンプルなデザインになります。