ライフスタイルを考えて設計!おしゃれで快適な家


テイストと素材のマッチがおしゃれ

おしゃれな家の条件は様々あります。最新のデザインを取り入れてもいいですが、普遍的に言えるおしゃれな家の条件は、テイストやモチーフを統一させるということです。和風やモダン、南欧風など、家のテイストには様々な種類がありますが、それらをすべて取り入れようとすると、印象がまとまりません。テイストを統一すると、すっきりとした印象になり、おしゃれな家となるでしょう。また、こだわりの素材がある人もいますが、素材は単独で見るのではなく、それぞれの素材がマッチするかどうかを基準にすることもおしゃれには重要です。重い印象を与える素材ばかりを組み合わせてしまっては、圧迫感がある過ごしにくい家になってしまうでしょう。

理想だけではなく実用性も考慮

おしゃれな設計を取り入れる際には、実用性も考慮しなければなりません。開放的で広いリビングはおしゃれですが、空調の調節が難しいというデメリットもあります。大きな窓も、設置場所によっては西日が厳しくなるでしょう。実用性も考慮しなければ、邪魔なものになってしまいます。

ライフスタイルから要不要を見極める

様々な便利な設備やおしゃれな設備がありますが、イメージだけで取り入れてはいけません。それまで送ってきたライフスタイルを考えて、本当に必要かどうかを見極めることが重要です。必要なものだけをそろえれば快適な暮らしとなります。

動線を考えた間取りにする

間取りを考える際に重要なことは、動線を意識するということです。日々生活していく中で、ある程度どのように動くかは決まってきます。その動きを妨げない間取りにすると、快適な暮らしとなります。

3000万の家を建てる場合、お金を費やすところと抑えるところとのバランスをしっかりとることが出来れば、平均的な広さで自身のライフスタイルに合った家を建てることが出来ます。