オフィス選びの前に知りたい!賃貸オフィスのメリット・デメリット


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットとして大きいのは、建設・購入より安く社屋を調達できるということです。オフィスを丸ごと建てたり購入したりするためには何千万という高額な費用がかかります。その点、賃貸オフィスの場合はそこまでの費用はかかりません。契約の際にかかる初期費用の相場はエリアや物件のスペックにもよりますが、家賃の4~18ヶ月分くらいが目安です。つまり、例えば月の家賃20万円のオフィスであれば、安ければ100万円以下で借りられる可能性があるということです。オフィスを購入できるほどの費用が用意できない場合でも、賃貸オフィスなら押さえることができるでしょう。

また、事業規模によってオフィスを移れるという点もメリットと言えます。事業規模拡大のために今より大きなオフィスに移りたい場合、事業規模を小さくして今よりコンパクトなオフィスに移りたい場合、賃貸オフィスであれば今の物件を解約し、新しい物件を契約するだけで済みます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットとして挙げられるのは、月々の家賃が発生することです。建設や購入に比べて初期費用が安く済むことはメリットですが、月々物件維持のためにかかる費用は賃貸オフィスの方が高くなる可能性があります。また、同じオフィスビルにほかの企業なども入居している場合、玄関ホールやエレベーター、トイレ、給湯室など一部のスペースを共有しなければならないことも。賃室にどの程度専用の設備が付属しているか事前に確認が必要でしょう。

港区で賃貸事務所を借りる際、山手線の駅近くが便利で人気を集めています。窓を大きく取れる間取りなら、東京タワーやレインボーブリッジが見える事務所を借りると美しい景観を楽しめます。